コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクサ

海藻海草標本図鑑の解説

マクサ

からだは扁平で細く,平面的に広がる。枝は対生または互生で,比較的密に羽状に分枝している。枝の先端は尖り,枝のつけ根にはくびれが見られない。付着器 は糸状。横断切片を見ると髄層には大小の細胞が混在しているのが見られるが中央部は混在は少ない。皮層は小さな細胞が密に並んでいる。手ざわりはカサカサ した感じ。生体は濃い紅紫色をしている。押し葉標本は台紙によくつかない。見た目の似ているものとしてミチガエソウがあるが,ミチガエソウは付着器が盤状である。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

百科事典マイペディアの解説

マクサ

テングサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクサ
まくさ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマクサの言及

【テングサ(天草)】より

…紅藻類テングサ科Gelidiaceaeの海藻で寒天の原料となる。テングサ類は日本近海で20余種が知られているが,おもなものはマクサGelidium amansii Lamouroux(イラスト)とヒラクサBeckerella subcostata Kylin(=G.subcostatum Okamura)である。一般にテングサというとマクサをさすことが多い。…

※「マクサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マクサの関連キーワードユー・マスト・ビリーブ・イン・スプリングマクサンス バン・ヴァン・デル・メルシュウォルター ギルバートナンブグサ(南部草)ケマンソウ(華鬘草)キイロウスバアゲハ御嶽山県立自然公園コマクサ(駒草)アングマクサリク三方海域公園地区テングサ(天草)芥子科・罌粟科塩基配列決定法ボーマノアールナツァクドルジケマンソウ野口五郎岳シナクサギハマクサギ秋田駒ケ岳

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクサの関連情報