マクサ

海藻海草標本図鑑の解説

マクサ

からだは扁平で細く,平面的に広がる。枝は対生または互生で,比較的密に羽状に分枝している。枝の先端は尖り,枝のつけ根にはくびれが見られない。付着器 は糸状。横断切片を見ると髄層には大小の細胞が混在しているのが見られるが中央部は混在は少ない。皮層は小さな細胞が密に並んでいる。手ざわりはカサカサ した感じ。生体は濃い紅紫色をしている。押し葉標本は台紙によくつかない。見た目の似ているものとしてミチガエソウがあるが,ミチガエソウは付着器が盤状である。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のマクサの言及

【テングサ(天草)】より

…紅藻類テングサ科Gelidiaceaeの海藻で寒天の原料となる。テングサ類は日本近海で20余種が知られているが,おもなものはマクサGelidium amansii Lamouroux(イラスト)とヒラクサBeckerella subcostata Kylin(=G.subcostatum Okamura)である。一般にテングサというとマクサをさすことが多い。…

※「マクサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android