コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシム機関銃 マクシムきかんじゅうMaxim machine gun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシム機関銃
マクシムきかんじゅう
Maxim machine gun

H.マクシムが開発した世界最初の完全な自動式機関銃。マクシムの構想の画期的な点は,発射の際の反動力を遊底機構の全動作の原動力として利用したところにある。この発案によって単銃身で自動的に装填し発射のできるまったく新しい兵器が生れた。 1883年に特許をとった最初の機関銃は,口径 7.7mm,重さ 60kg,1分間に約 600発を発射した。 1880~90年代にマクシム機関銃はイギリス,スイス,ドイツなどで広く採用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android