原動力(読み)ゲンドウリョク

デジタル大辞泉の解説

熱・水力・風力など、機械に運動を起こさせる力。
物事の活動のもととなる力。「経済発展の原動力」「優勝の原動力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① すべての事物の活動のもととなる力。また、活動をひき起こすもととなる力。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉六「文芸は〈略〉より多く人生の根本義に触れた社会の原動力(ゲンドウリョク)である」
② 機械類を作動させるもととなる力。
※日本の下層社会(1899)〈横山源之助〉三「製糸器械の原動力も水力によりて運転せる工場減じて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原動力の関連情報