マクシモビチ(読み)まくしもびち(英語表記)Карл Иванович Максимович/Karl Ivanovich Maksimovich

日本大百科全書(ニッポニカ)「マクシモビチ」の解説

マクシモビチ
まくしもびち
Карл Иванович Максимович/Karl Ivanovich Maksimovich
(1827―1891)

ロシアの植物学者。1849年ドルパト大学を卒業、同大学の植物園に勤務ののちペテルブルグの王立植物園に転じ、同植物園の植物標本収集のためダイアナ号に乗って世界周航にたち、南アメリカを回りホノルルを経てハバロフスク地方デ・カストリーに上陸、アムール川地方の植物を調査した。1859年、1860年に再度陸路を経てアムール川流域を調査。1861年(文久1)には北海道箱館(はこだて)に達し、その後、九州に至る日本列島の植物を調査、1864年に海路イギリスを経て帰国した。帰国後、王立学士院会員、植物園部長などを務めながら調査結果の整理発表に尽くし、没後にその完結をみた。その成果は日本の北方植物相研究の基礎となった。

[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android