上陸(読み)ジョウリク

デジタル大辞泉「上陸」の解説

じょう‐りく〔ジヤウ‐〕【上陸】

[名](スル)
船や海から陸に上がること。航空機で空港に降り立つことにもいう。「岸に上陸する」「台風が紀伊半島に上陸する」
外国の文物が渡来すること。また、海外の資本などが進出してくること。「ラップ音楽が日本に上陸」「外資系生命保険会社が相次いで上陸する」
日本の入国管理制度で、外国人が1の許可を受けること。入国2と区別していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「上陸」の解説

じょう‐りく ジャウ‥【上陸】

〘名〙 船をおりて陸地に上がること。また、陸に上げること。
※財政経済史料‐七・経済・外国通商・外船外人取扱・文化四年(1807)四月一一日「クシュンコタンと申所へ、橋舟にて数多上陸」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「僅に少許の船貨を上陸せし比、大風吹起り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android