コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクラーン Makrān

1件 の用語解説(マクラーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マクラーン【Makrān】

パキスタンとイランにまたがるアラビア海岸沿いの山岳地帯名。イラン側はメクラーンMekrānという。東西方向に並走する数条の第三紀褶曲山脈列とその間の狭長な河谷平野,および海岸部の小平野からなる。海岸部のパスニの年降水量は127mmにすぎず,砂漠気候に属する。農業は,地下水路(カナート)灌漑,また冬の降雨時の氾濫によりできたワジ中の水たまりの揚水式水路灌漑に依存し,ナツメヤシ,小麦,大麦を産する。とくにナツメヤシの乾果は良質で西アジアでも有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクラーンの関連キーワードアラビア海アラル海イラン高原インダス川カラチペルシア湾東パキスタンクルディスタンバルチスタンアラビア糊

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone