マグソタケ(馬糞茸)(読み)マグソタケ(英語表記)Panaeolus fimicola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグソタケ(馬糞茸)
マグソタケ
Panaeolus fimicola

担子菌類マツタケ目ヒトヨタケ科。春から秋にかけて,馬糞や肥料を与えた壌土の上に生じる。傘は鐘形ないし丸山形,灰褐色で,柄は茶褐色。胞子紋は黒色。全長5~15cm。日本全土をはじめ,ヨーロッパ,南・北アメリカオーストラリアなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android