マグネシウム鉱物(読み)マグネシウムこうぶつ(英語表記)magnesium mineral

世界大百科事典 第2版の解説

マグネシウムこうぶつ【マグネシウム鉱物 magnesium mineral】

マグネシウムMgを主要成分とする鉱物マグネシウムは60種以上の鉱物に含まれているが,ドロマイト(Ca,Mg)CO3,マグネサイトMgCO3ブルーサイトMg(OH)2カンラン石(Mg,Fe)2SiO4の4種のみが工業的に利用されている。しかし,マグネシウム金属や化合物の主要な資源は海水と鹹湖などの塩水である。二次回収を除いた金属の1996年の生産量は世界で約34万tで,主要国はアメリカ13万,カナダ5万,中国5万tである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android