コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグーン Horace Winchell Magoun

世界大百科事典 第2版の解説

マグーン【Horace Winchell Magoun】

1907‐1991
アメリカの神経解剖学者。ロード・アイランド州立大学を卒業後,シラキューズ大学を経て,ノースウェスタン大学で学位を取得(1934)。その後同大学神経学研究所教授,カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授を歴任,同大学の脳研究所設立に寄与した。1949年,ムルッジG.Murzziと共同して,それまで知られていた視床に存在する感覚経路(特殊視床投射系)のほかに,その枝分れとして別の感覚経路(各感覚について共通の経路となっているので広範視床投射系ともいう)があることを発見,これを〈上行性網様体賦活系ascending reticular activating system〉と名づけ,それが動物の覚醒・喚起ないし活性化の水準をつかさどること,つまり意識を保持するうえに重要な役割をしていることを明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マグーンの関連キーワードジェイムズ オールズD.B. リンズレイ大脳生理学睡眠

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android