コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚醒 かくせい arousal

翻訳|arousal

4件 の用語解説(覚醒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚醒
かくせい
arousal

生理学用語。感覚刺激によって惹起する脳波の周波数の増大と振幅の減少に対応する脳の生理的状態。これは G.モルッチと H.W.マグーンの研究で,脳幹網様体を電気刺激することによって確認され,一般に神経インパルスが網様体から視床を経て大脳皮質流れ込むためとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

覚醒
かくせい
arousal

心理学用語。生体を活動に導くなんらかの状態,または動因として仮定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かく‐せい【覚醒】

[名](スル)
目を覚ますこと。目が覚めること。「昏睡状態から覚醒する」
迷いからさめ、過ちに気づくこと。
「魔境から今漸く―した人のような眼を放って」〈漱石明暗

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくせい【覚醒】

( 名 ) スル
目をさますこと。目がさめること。醒覚。 「耳に迫る蛙の声に其の-を促されて/土
過ちや迷いに気づくこと。醒覚。 「一時社会逸楽の長夢を-したることありと雖も/日本開化小史 卯吉
〘心〙 中枢神経系の興奮が増大し注意が喚起された意識の状態。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の覚醒の言及

【意識】より

…この機構は大きく2段階に分けることができる。その第1は目覚めている状態,すなわち覚醒を維持する機能であり,第2は認識能(意識内容と呼ばれることもある)である。 覚醒は脳幹網様体に存在する上行性網様体賦活系によって維持されている。…

※「覚醒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

覚醒の関連キーワードおめざ眩耀長夜の夢を覚ます目を覚ます夜聡い長寝眠気覚まし又寝目覚まし目覚まし時計

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚醒の関連情報