コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゴ マゴ Mago; Magōn

2件 の用語解説(マゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マゴ
マゴ
Mago; Magōn

[生]前550
[没]前500頃
カルタゴの将軍,カルタゴ軍確立の功労者。現在のサルジニアからスペインあたりまでカルタゴの勢力を伸ばした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マゴ
マゴ
Mago; Magōn

[生]?
[没]前203頃
カルタゴの将軍。ハミルカル・バルカスの末子,ハンニバルの弟。第2次ポエニ戦争に参加し,カンネーの戦い (前 216) に勝利したあとスペインで活躍したが,前 206年スキピオ・アフリカヌスイリパの戦いで敗れ,次いで前 203年ガリア・キサルピナで敗退,カルタゴヘ退却の船中で戦傷のため死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマゴの言及

【カルタゴ】より

…交易統制,勢力圏確保,外国船排撃等,大商人の利害を体現するカルタゴ国家の対外政策遂行はこの政体においてこそ可能であった。門閥中マゴMago家等軍人一門の出身者は,傭兵軍を後ろだてに交易活動から締め出された下層市民の支持を得てなん度か僭主化をめざしたが,寡頭政転覆には至らず,またリビア人反乱,傭兵反乱もカルタゴの支配を揺るがさなかった。他方,下層市民とリビア人の通婚の結果リビア人のフェニキア化は相当進行し,ポエニ的制度を備えた原住民都市も出現した。…

※「マゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マゴの関連キーワード階乗ポエニ戦争NエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マゴの関連情報