コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マサッチオ Masaccio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マサッチオ
Masaccio

[生]1401.12.21. サン・ジョバンニ・バルダルノ
[没]1428. ローマ
イタリアの画家。本名は Tommaso di Giovanni。 1422年フィレンツェの画家組合に登録,主としてフィレンツェとピサで活躍。マソリーノ・ダ・パニカーレとの共同作品が多い。遠近法と明暗法による空間表現と彫塑的形体表現によりフィレンツェで最初にルネサンス様式を確立した画家とされている。作品は,フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミーネ聖堂のブランカッチ礼拝堂にマソリーノと共同制作したアダムとイブの物語を含む聖ペテロの生涯のフレスコ画連作 (1427頃) で,このうち彼の作とされるものは,『楽園追放』『貢の銭』『入信者の洗礼』などの6場面。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

マサッチオ【Masaccio】

1401~1428頃) イタリアの画家。絵画におけるルネサンス様式の創始者として盛期ルネサンスに大きな影響を及ぼした。代表作「楽園追放」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マサッチオの関連キーワードサンタ・マリア・デル・カルミーネ聖堂[フィレンツェ]サンタ・マリア・ノベラ聖堂[フィレンツェ]ドメニコ・ディ・バルトロマソ・ディ・バンコペトロフ=ボトキンクァトロチェントルネサンス美術ギルランダイオフィレンツェ派ベネチアーノアンジェリコイタリア美術イソケファリウッチェロリッピ壁画模写

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android