楽園追放(読み)らくえんついほう(英語表記)Expulsion

翻訳|expulsion

世界大百科事典 第2版の解説

らくえんついほう【楽園追放 Expulsion】

アダムとイブの,エデンの園(楽園)からの追放をいう。旧約聖書《創世記》2~3章によると,アダムとイブは苦しみも心配もなくエデンの園に住んでいたが,蛇の誘惑に負けて知恵の木の実を食べた。神の命にそむくこの行為(原罪)のため2人は楽園を追われ,それ以来人間は苦労して働き,ついには死する運命となった。
[図像]
 原罪や楽園追放の場面は初期キリスト教時代から美術に表された。《ユニウス・バッススの石棺》(359以前)の浮彫には,知恵の木の実を食べて羞恥を知ったため裸の身体をかくすアダムとイブの姿が描かれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の楽園追放の言及

【アダム】より

…イブについても聖母マリアとの対比が認められる。初期キリスト教時代にすでに,アダムの創造から楽園追放にいたる連続した場面が写本挿絵に描かれていたと想像され,9世紀以降の多くの現存作例では,次のような場面に細分化されて描かれている。まず天地創造の第6日目の〈アダムの創造〉とそれに付随した〈イブの創造〉である。…

※「楽園追放」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android