コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジコン まじこん

知恵蔵miniの解説

マジコン

市販のゲームソフトをコピーし使用できるようにする機能を備えた機械の通称。スーパーファミコン用コピーツール「スーパーマジコン」が名称の由来とされている。ゲームソフトには著作権があり、私的使用のための複製は認められているが、複製の配布や販売などは著作権の侵害となる。任天堂をはじめとするゲーム会社は、世界中でマジコン販売業者を提訴してきており、日本では2011年12月に不正競争防止法が改正され、同年7月、改正後初めて、店頭でのマジコン販売により大阪の販売業者が逮捕された。

(2012-07-17)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

マジ‐コン

家庭用ゲーム機や携帯型ゲーム向けのROMカートリッジやカードに収められたゲームソフトを複製したり、その複製をゲーム機で利用したりする機器総称
[補説]名称は、台湾の企業が開発した、任天堂のゲームソフトを複製する機器「スーパーマジコン」(「マジコン」はマジックコンピューターの略とされる)に由来する。複製は、私的なバックアップの範囲であれば認められるが、営利を目的として行えば違法コピーとなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マジコンの関連キーワードROMカートリッジ家庭用ゲーム機補説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android