コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスケット銃 マスケットじゅうmusket

翻訳|musket

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスケット銃
マスケットじゅう
musket

前装式の,肩にあてて構え発射する銃 (→先込め銃 ) 。 16世紀にスペインで火縄銃大型版として開発され,19世紀半ばに後装式のライフル銃に取って代わられた。点火方式は初め火縄式だったが,17世紀に火打石式になり (→燧発銃 ) ,19世紀初期に雷管式に移行した。初期のマスケット銃は2人で操作されることが多く,移動が容易な支柱から発射された。長さ 1.7m,重さ約 9kgで,約 60gの弾丸を 160mほど飛ばすことができたが,命中精度は低かった。後期のマスケット銃は小さく軽くなり,命中精度も向上して,100m近く離れた人間大の的に命中させることができた。口径は,1.75cmから,1.9cmをこえるものまであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマスケット銃の言及

【小銃】より

…(4)用途による分類 小銃には特殊なものとして,(a)銃身が短く馬上で使いやすくした騎兵銃(カービン銃),(b)遠距離の射撃精度を向上させた狙撃銃などがある。なお,かつては滑腔式の軍用長身銃をマスケット銃musketと呼び,これに対し腔線(ライフル)を施した銃をライフルと呼んで区別していたが,すべてが施条銃となった今日,小銃をライフルもしくはライフル銃と呼ぶことが多い。
[沿革]
 小銃は13世紀モンゴル軍がヨーロッパ遠征に使用し,ヨーロッパではベルギー人が最初に使用したと伝えられる。…

※「マスケット銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マスケット銃の関連キーワードホイットニー(Eli Whitney)インダストリアル・デザインベイオネットホイットニーアフリカ史工作機械パラオ銃剣夜警

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android