コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燧発銃 すいはつじゅう flintlock

翻訳|flintlock

1件 の用語解説(燧発銃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燧発銃
すいはつじゅう
flintlock

燧石銃とも呼ばれる。燧石 (火打石) を鋼鉄板に急激にすりあわせることにより得られる火花によって点火,発射する小銃。 16世紀初期に発達し,火縄銃車輪式引き金銃に取って代った。本式の燧発銃は 1610~15年頃にフランスの M.ブルジョアによって発明された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燧発銃の関連キーワード燧石火打ち石・燧石火打ち石宮城県伊具郡丸森町火打石福島県白河市火打石三重県度会郡度会町火打石火打石∥燧石火打石式小銃《火花散る火打石》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone