コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火縄銃 ひなわじゅうharquebus

翻訳|harquebus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火縄銃
ひなわじゅう
harquebus

最も初期の,肩にあてて構え発射する銃。今日のライフル銃と同様の銃床に火縄式の点火装置 matchlockを備え,施条 (ライフル) はない。 arquebusとも綴られ,hackbutとも呼ばれる。 15世紀半ばにスペインで発明された。火縄式点火装置で火皿の火薬に点火し,弾丸を発射する。多くの場合,かぎ状の留め金で取り付けられた支柱から発射され,発射時の反動を支えた。 harquebusという名は「かぎ状の留め金付きの銃」を意味するドイツ語に由来すると考えられる。口径はさまざまで,有効射程は 200m以下。 16世紀半ば,より大型のマスケット銃にその座を譲った。
日本には天文 12 (1543) 年に種子島に漂着したポルトガル人によってもたらされた。織田信長が長篠の戦いで大量に使用してその威力が認められ,戦争形態が一変した。幕末まで使用された。 (→種子島銃 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひなわ‐じゅう〔ひなは‐〕【火縄銃】

火縄によって発射薬に点火させて弾丸を発射する方式の小銃。15世紀後半にヨーロッパで発明され、日本へは天文12年(1543)ポルトガル人によって種子島(たねがしま)に伝来した。種子島火縄筒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

火縄銃【ひなわじゅう】

火縄筒とも。15世紀末期ころヨーロッパで発明された銃。引金を引くと,ばねがはずれ,火縄をはさんでいる部分が火皿に打ちつけられ,火口から銃身内の火薬に引火して弾丸を発射。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひなわじゅう【火縄銃 matchlock】

銃をその撃発装置から分類したときの形式の一つ。15世紀末期にヨーロッパで出現した。引金を引くと火縄が火薬をのせた火皿におしあてられ着火し,火は火皿から孔(火口)によって導かれ発射薬を爆発させる。この装置が出現する以前は火縄を手で保持し射撃に際して手でおしあてるものであり,火縄銃の発明は銃の取扱いを簡単にし照準の精度を著しく向上させた。撃発装置には火縄銃とほぼ同時期に発明された歯車式,16世紀後半に発明された燧石(すいせき∥ひうちいし)式などがあり,西欧ではこれらの方式へと変化していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひなわじゅう【火縄銃】

旧式銃の一。筒の先端から黒色火薬と弾丸を込め、火皿に盛った起爆薬(口薬くちぐすり)に火縄で点火して発射するもの。火皿をおおう火蓋ひぶたという安全装置があり、点火は引き金の操作で行う。火縄筒。 → 種子島たねがしま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火縄銃
ひなわじゅう
matchlock gun

15世紀後半にヨーロッパで発明された火縄式点火機によって火薬に点火させる銃。銃口から黒色火薬と弾丸を込め、銃身の後方にある火門孔に置いた点火薬に火縄の先をつけて点火・発射させる。日本には1543年(天文12)種子島(たねがしま)に漂着したポルトガル人によって伝えられた。火縄銃の口径は、重さが定められた鉛の球弾の重量とその直径で表示され、三匁筒(もんめづつ)(口径12.3ミリ)、六匁筒(口径15.8ミリ)、十匁筒(口径18.7ミリ)が一般的である。銃身長1メートルでの有効射程150メートル。最大射程は1000メートルに達する。発砲の速度は1分間に1発程度であるが、命中精度としては30メートルで直径5センチの円的に集中させることも可能である。戦闘に用いられた例としては、長篠(ながしの)の戦い(1575)における織田(おだ)・徳川連合軍の鉄砲による効果が旧来の戦術に大きな変革をもたらしたことで知られている。日本における火縄銃は種子島伝来以降、全国で製造が行われ、江戸時代末期まで続けられた。[小橋良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火縄銃の言及

【小銃】より

…その代表的なものを登場の順にあげれば以下のようになる。(a)火縄式match‐lock 火のついた火縄を火皿上の点火薬に接触させるもの。(b)歯車式wheel‐lock 引金の操作により歯車を回転させ,これと黄鉄鉱などを接触させてこの火花で火皿上の点火薬に点火するもの。…

【武器】より

…火器としてはポルトガルから伝来した大砲が自力で製作されて使用されるようになったほか,鉄砲や短銃が使われていた。銃砲においては発火装置が重要なものであるが,このころの銃砲の発火発射装置はすべて火縄銃方式のものであった。また爆裂弾として地雷や水雷も使われた。…

※「火縄銃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火縄銃の関連キーワード関ケ原町歴史民俗資料館種子島開発総合センター備前長船刀剣博物館長篠・設楽原の戦い国友鉄砲の里資料館切り火縄・切火縄鉄砲鍛冶(かじ)種子島(火縄銃)五ケ瀬の荒踊芝辻理右衛門吉岡 新一宮坂考古館火打石銃三宅康保吉岡新一長村航希鉄砲伝来許南麒鉄砲串かるか

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火縄銃の関連情報