コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスケリナイト maskelynite

1件 の用語解説(マスケリナイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マスケリナイト【maskelynite】

斜長石組成のガラスで,隕石衝突の際発生する強い衝撃波で非晶質化してできたもの。比較的低温で固相より直接変わったものである。地球および月の衝突クレーターに産出することが知られており,また強度にショックを受けた隕石中には普通に産出する。シャーゴッタイトというエコンドライト隕石中に最初に認められた。衝撃実験あるいは核爆発実験でもつくられる。同一組成の普通のガラスより高い密度と屈折率をもち,液体となって流れた模様や穴のないことより,普通のガラスと区別できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マスケリナイトの関連キーワード板ガラスカリ長石腰ガラスエコガラスデレン岩流紋石英安山岩イニンモア岩斜長石岩ペレ岩フレーデフォート-ドーム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone