マストドンサウルス(英語表記)Mastodonsaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マストドンサウルス
Mastodonsaurus

両生類全椎目に属する,ヨーロッパ三畳紀に生存したハンザキ形またはイモリ形の有尾両生類迷歯類中最大のもので,頭骨だけでも 1mをこす。全椎目とは迷歯類中最も進んだ,また退行的な一群で,脊椎骨は側椎体が消滅し,間椎体のみである。しかし神経弓とは癒合しない。頭は扁平で大きく,眼は上方を向き,後頭かは2個ある。頭に比ベ,体も尾も短い。四肢は弱い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマストドンサウルスの言及

【迷歯類】より

…頭は扁平で大きく,眼は上方を向く。マストドンサウルスMastodonsaurusでは頭骨長だけで1mをこえる。比較的体や尾は短く,四肢は退化した。…

※「マストドンサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android