コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マストドンサウルス Mastodonsaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マストドンサウルス
Mastodonsaurus

両生類全椎目に属する,ヨーロッパ三畳紀に生存したハンザキ形またはイモリ形の有尾両生類。迷歯類中最大のもので,頭骨だけでも 1mをこす。全椎目とは迷歯類中最も進んだ,また退行的な一群で,脊椎骨は側椎体が消滅し,間椎体のみである。しかし神経弓とは癒合しない。頭は扁平で大きく,眼は上方を向き,後頭かは2個ある。頭に比ベ,体も尾も短い。四肢は弱い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマストドンサウルスの言及

【迷歯類】より

…頭は扁平で大きく,眼は上方を向く。マストドンサウルスMastodonsaurusでは頭骨長だけで1mをこえる。比較的体や尾は短く,四肢は退化した。…

※「マストドンサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android