コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マックス・プランク研究所 マックスプランク・けんきゅうじょMax Planck Institut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マックス・プランク研究所
マックスプランク・けんきゅうじょ
Max Planck Institut

ドイツのマックス・プランク協会に所属する総合分野の研究所で,各地に合計 75ほどある。最初はカイザー・ウィルヘルム研究所と称されたが,1930年当時の総裁であった M. K. E. L.プランクにちなんで第2次世界大戦後,現在の名称に改称された。これらの研究所の財政のほとんどは,ドイツ政府や各州政府から支出されており,各研究所は大学と協力して研究を行なっている。 W.ハイゼンベルクが所長をしていたミュンヘンの物理・天体物理研究所 (のちに4つの研究所に分割された) などが有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マックス・プランク研究所の関連キーワードリーベルマン(Karl Theodor Liebermann)ベックマン(Ernest Otto Beckmann)クレブス(Sir Hans Adolf Krebs)マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ プランクマンスフィールド(Peter Mansfield)ポランニー(Michael Polanyi)カール・フリードリッヒ ボンヘッファーフーバー(Robert Huber)アダムズ(Roger Adams)ニュスライン・フォルハルトユルゲン ハバーマスE.フォン ホルストダイゼンホーファーE.W. ミュラーセブロ オチョアU. タイヒラーヒルツェブルーフマンスフィールドナッハマンゾーンシュトラスマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マックス・プランク研究所の関連情報