コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバラン(松葉蘭) マツバランPsilotum nudum; psilotum; whisk fern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツバラン(松葉蘭)
マツバラン
Psilotum nudum; psilotum; whisk fern

マツバラン科の常緑性シダ植物。チクランまたはホウキランともいう。世界の熱帯から亜熱帯に広く分布し,日本では東北地方南部以西の暖地の山地にまれに産する。樹上や岩上に着生することが多いが,地上に生えることもある。根茎は叉状に分枝し,褐色の仮根を密に出す。茎は束生して通常直立し,長さ 30cm前後に達する。緑色無毛で,上半部は叉状に数回分れ,小枝は3稜線が目立つ。鱗片状の小突起が茎の稜線上に散生する。胞子嚢は球形で3室に分れ無柄で枝上に点在し,熟すると黄色になる。胞子は長楕円形で黄白色。江戸時代に観賞用として,多くの品種がつくられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android