マティスの肖像

デジタル大辞泉プラスの解説

マティスの肖像

フランスの画家アンドレ・ドランの絵画(1905)。原題《Portrait de Matisse》。1905年の夏、画家アンリ・マティスと南フランスの港町コリウールに滞在した時に描かれたもの。のちにフォービスム(野獣派)と呼ばれる契機となった作品の一つとして知られる。ロンドン、テートギャラリー所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android