コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マトルーフ県 マトルーフMatrūh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マトルーフ〔県〕
マトルーフ
Matrūh

エジプト北西部の砂漠県。ナイル川河谷から西方,リビア国境にいたる西部砂漠を含む。県都マトルーフ。全体的に 250mの標高を有する高原で,500mをこえるものはない。地中海岸ではわずかの降雨をみるが,内陸部はシーワ,バハリーヤのオアシスが点在するにすぎない。地中海岸のアラマインの南 56kmのところから,西南に向ってカッターラ低地が広がっている。面積 21万 2112km2。人口 18万 2000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マトルーフ県の関連キーワードナトルーン涸れ川ガルビーヤ砂漠サルーム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android