コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネゴルト・フォン・ラウテンバハ Manegold von Lautenbach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マネゴルト・フォン・ラウテンバハ
Manegold von Lautenbach

[生]1045頃
[没]1110頃
ドイツの高位聖職者。アウグスチヌス派に属し,最初南ドイツの修道院に入ったが,のちコルマル近くのマルバハ修道院に所属。叙任権論争においては教皇グレゴリウス7世に加担して神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世に対抗した。 1084年頃に書いた『ゲープハルトに与える書』 Liber ad Gebehardumは,最も激烈な反皇帝文書である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マネゴルト・フォン・ラウテンバハの関連キーワードコンピュータにおける数値の表現シルウェステル3世天永後朱雀天皇後朱雀天皇後朱雀天皇後朱雀天皇後冷泉天皇グレゴリウス6世クレメンス2世

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android