コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天永 テンエイ

3件 の用語解説(天永の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんえい【天永】

平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1110年7月13日~1113年7月13日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

てんえい【天永】

日本の元号(年号)。平安時代の1110年から1113年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は天仁(てんにん)。次元号は永久(えいきゅう)。1110年(天仁3)7月13日改元。奇星(彗星)が現れたことを理由に改元が行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。天永年間は、白河(しらかわ)上皇(鳥羽天皇の祖父)による院政が行われていた。1107年(嘉承(かしょう)2)に堀河(ほりかわ)天皇(鳥羽天皇の父)が崩御すると、白河は5歳の鳥羽を即位させ、院政はますます本格化した。白河は、1129年(大治(だいじ)4)に崩御するまで実権を握り続ける。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

天永の関連キーワード天永医療過誤診療報酬日本音楽著作権協会九州・沖縄・山口の業況判断指数(DI)管叔祖庭事苑天仁讃岐典侍讃岐典侍日記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天永の関連情報