コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天永 テンエイ

デジタル大辞泉の解説

てんえい【天永】

平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1110年7月13日~1113年7月13日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんえい【天永】

年号(1110.7.13~1113.7.13)。天仁の後、永久の前。鳥羽天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんえい【天永】

日本の元号(年号)。平安時代の1110年から1113年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は天仁(てんにん)。次元号は永久(えいきゅう)。1110年(天仁3)7月13日改元。奇星(彗星)が現れたことを理由に改元が行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。天永年間は、白河(しらかわ)上皇(鳥羽天皇の祖父)による院政が行われていた。1107年(嘉承(かしょう)2)に堀河(ほりかわ)天皇(鳥羽天皇の父)が崩御すると、白河は5歳の鳥羽を即位させ、院政はますます本格化した。白河は、1129年(大治(だいじ)4)に崩御するまで実権を握り続ける。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

天永の関連キーワード江都督納言願文集藤原実兼(1)讃岐典侍日記続本朝往生伝聖恵法親王公顕(1)拾遺往生伝佐々木秀義覚法法親王藤原全子周防内侍藤原敦宗藤原頼輔岡崎義実安倍泰親百度参り敷曼荼羅藤原正家菅原在良和気重頼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天永の関連情報