天永(読み)テンエイ

大辞林 第三版の解説

てんえい【天永】

年号(1110.7.13~1113.7.13)。天仁の後、永久の前。鳥羽天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

てんえい【天永】

日本の元号(年号)。平安時代の1110年から1113年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は天仁(てんにん)。次元号は永久(えいきゅう)。1110年(天仁3)7月13日改元。奇星(彗星)が現れたことを理由に改元が行われた。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。天永年間は、白河(しらかわ)上皇(鳥羽天皇の祖父)による院政が行われていた。1107年(嘉承(かしょう)2)に堀河(ほりかわ)天皇(鳥羽天皇の父)が崩御すると、白河は5歳の鳥羽を即位させ、院政はますます本格化した。白河は、1129年(大治(だいじ)4)に崩御するまで実権を握り続ける。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天永の関連情報