マヨラナ力(英語表記)Majorana force

法則の辞典の解説

マヨラナ力【Majorana force】

核子間に働く交換引力で,電荷とスピンの交換(位置の交換と等価)に対応する.核子の状態を波動関数で表現したとき,座標の交換に対しては導関数が対称的であればマヨラナ力は引力となり,反対称であれば斥力となる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android