コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斥力 せきりょくrepulsive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斥力
せきりょく
repulsive force

2つの物体間で互いを離すように作用する力。引力対語。同符号の荷電物体間のクーロンの斥力などがある。分子を構成する2原子間や原子核内の2核子間には引力が働いているが,両者が非常に近づいたところでは斥力が働いて,それ以上に近づかないようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐りょく【斥力】

二つの物体間で互いにしりぞけ合うように働く力。反発力。⇔引力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきりょく【斥力】

二つの物体に働く力で、相互の距離を遠ざけるように働く力。反発力。 ↔ 引力

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の斥力の言及

【引力】より

…二つの物体が及ぼし合う力のうち,物体を互いに近づけるような向きに働くものをいう。反対に遠ざけるような向きに働くものは斥力repulsive forceという。引力のうちもっとも普遍的なのは万有引力であり,電気(あるいは磁気)を帯びた物体間に働く静電気力(磁気力)も,異符号の電気間(磁極間)では引力になる(同符号の場合は斥力)。…

※「斥力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

斥力の関連キーワードクーロン(Charles Augustin de Coulomb)ロッシュ(フランスの天文物理学者、地球物理学者、数学者)トーマス・ジェファーソン・ジャクソン シーファン・デル・ワールス力ローリッツェン検電器ヤン=ミルズ理論ポテンシャル障壁超流動ヘリウム3宇宙の加速膨張マイスナー効果ポジトロニウムクーロンの法則デュ・フェイクーロン障壁原子質量公式グロットゥスボスコビッチ電磁相互作用自然の体系クーロン場

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android