斥力(読み)せきりょく(英語表記)repulsive force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「斥力」の解説

斥力
せきりょく
repulsive force

2つの物体間で互いを離すように作用する力。引力対語。同符号の荷電物体間のクーロンの斥力などがある。分子を構成する2原子間や原子核内の2核子間には引力が働いているが,両者が非常に近づいたところでは斥力が働いて,それ以上に近づかないようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「斥力」の解説

せき‐りょく【斥力】

〘名〙 二つの物体が互いにしりぞけあう力。同種の電気や同種の磁気を帯びた物体間に働く。反撥力。〔工学字彙(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の斥力の言及

【引力】より

…二つの物体が及ぼし合う力のうち,物体を互いに近づけるような向きに働くものをいう。反対に遠ざけるような向きに働くものは斥力repulsive forceという。引力のうちもっとも普遍的なのは万有引力であり,電気(あるいは磁気)を帯びた物体間に働く静電気力(磁気力)も,異符号の電気間(磁極間)では引力になる(同符号の場合は斥力)。…

※「斥力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android