コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラカイボ[湖] マラカイボ

百科事典マイペディアの解説

マラカイボ[湖]【マラカイボ】

南米,ベネズエラ北西部にある南米最大の湖。浅い水道によりカリブ海のベネズエラ湾に通じる。面積1万3010km2。最大水深約60m。湖岸と湖底に豊富な油田があり,1918年以降,本格的な採掘が始まった。
→関連項目ベネズエラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マラカイボ[湖]【Lago de Maracaibo】

ベネズエラ北西部にある南アメリカ最大の湖。面積1万3210km2,最大水深250m。アンデス山系北端部のペリハ山脈(西)とメリダ山脈(東)の間の凹地にあり,周辺の山地から多数の河川が流入している。湖の南部は淡水であるが,北部は狭い水道でベネズエラ湾と連絡しているため海水が入り塩分を増す。高温多湿な熱帯性気候下にあり,湖岸は非常にむし暑い。湖の南側には熱帯雨林が広がるが,北方にいくにつれ降水量が減少して熱帯性灌木林となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android