コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネズエラ湾 ベネズエラわん Golfo de Venezuela

3件 の用語解説(ベネズエラ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネズエラ湾
ベネズエラわん
Golfo de Venezuela

南アメリカ北西岸にあるカリブ海の湾。西はコロンビアラグアヒラ半島,東はベネズエラパラグアナ半島に囲まれ,北に開口する湾で,最大幅約 250km,奥行約 120km。南は狭い水路によりマラカイボ湖に続き,同湖沿岸の油田地帯にいたる航路となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベネズエラわん【ベネズエラ湾 Golfo de Venezuela】

南アメリカ北西部,カリブ海に面する湾入部。マラカイボ湾とも呼ばれる。コロンビアのグアヒラ半島(西)とベネズエラのパラグアナ半島(東)に囲まれ,南部はタブラソ湾,さらに狭い水道を経てマラカイボ湖に続く。東部にはコロ湾がある。南北約120km,東西約240km。20世紀初頭マラカイボ湖周辺で石油開発が始まって以来,海上交通路として重要性が増した。湾の東岸のプント・フィホなどには精油所がある。【柳町 晴美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベネズエラ湾
べねずえらわん
Golfo de Venezuela

南アメリカ北端、ベネズエラ北西部にある小湾。マラカイボ湾ともいう。西はグアヒラ半島、東はパラグアナ半島によってカリブ海と隔てられ、南方は浅い水道でマラカイボ湖に通じている。湾岸一帯は年平均気温28℃前後、年降水量800ミリ以下の熱帯半乾燥気候で、サボテンを交じえた低灌木(かんぼく)林に覆われている。東岸のアムアイとカルドンにはベネズエラ最大の精油所が立地している。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベネズエラ湾の関連キーワードラセイバアメリカ地中海アメリカ松ECLACカリブ亜区プンタゴルダ委内瑞拉ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体アメリカ鰻青春!カリブ海

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone