コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラッタ Carlo Maratta

1件 の用語解説(マラッタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マラッタ【Carlo Maratta】

1625‐1713
イタリアの画家。マラッティC.Marattiともいう。アンコナ近郊カメラノCamerano生れ。ローマでA.サッキに学ぶ。N.プッサン古典主義ピエトロ・ダ・コルトナの雄弁な構図とを折衷した,典型的な後期バロックビルトゥオーソ。イタリアの美術史家G.C.アルガンは彼を〈バロックの雄弁術を単なるお説教調の巧妙さに変えた〉画家と評している。明暗とスフマートを駆使した宗教画にはセンチメンタリズムの色が濃く,フランスロココの感性に近づいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マラッタの関連キーワードカラッチスカルラッティボッチョーニリッピイタリアントラットリアイタリアのハロルドブラッキアノ岩ギウマラ岩ブラッコ・イタリアーノ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone