コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラッタ Carlo Maratta

世界大百科事典 第2版の解説

マラッタ【Carlo Maratta】

1625‐1713
イタリアの画家。マラッティC.Marattiともいう。アンコナ近郊カメラノCamerano生れ。ローマでA.サッキに学ぶ。N.プッサンの古典主義とピエトロ・ダ・コルトナの雄弁な構図とを折衷した,典型的な後期バロックのビルトゥオーソ。イタリアの美術史家G.C.アルガンは彼を〈バロックの雄弁術を単なるお説教調の巧妙さに変えた〉画家と評している。明暗とスフマートを駆使した宗教画にはセンチメンタリズムの色が濃く,フランス・ロココの感性に近づいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マラッタの関連キーワードソリメーナネラー

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android