コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラーの定数 Mallard's constant

1件 の用語解説(マラーの定数の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

マラーの定数【Mallard's constant】

コノスコープ観察において,顕微鏡の光軸よりも中心距角を θ としたとき,視野の中心とこれに相当する点までの距離を D とすれば DKsinθ となる.K対物レンズ接眼レンズとの組合せについて一定の値となり,これをマラーの定数と呼ぶ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マラーの定数の関連キーワード暗視野顕微鏡顕微鏡写真光学顕微鏡ゼルニケ偏光顕微鏡ウルトラマイクロスコープ鉱物顕微鏡コノスコープ蛍光顕微鏡法冷凍顕微鏡

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone