コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラーの定数 Mallard's constant

法則の辞典の解説

マラーの定数【Mallard's constant】

コノスコープ観察において,顕微鏡の光軸よりも中心距角を θ としたとき,視野の中心とこれに相当する点までの距離を D とすれば DKsinθ となる.K対物レンズ接眼レンズとの組合せについて一定の値となり,これをマラーの定数と呼ぶ.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone