コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリアルイサ公園 マリアルイサこうえん

1件 の用語解説(マリアルイサ公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マリアルイサこうえん【マリアルイサ公園】

スペイン南部のアンダルシア州の都市セビリア(Sevilla)にある公園。◇「スペイン広場」(Plaza de España)とも呼ばれている。セビリア大聖堂から徒歩で15分ほどの場所にある。ここはオルレアン公の王女マリア・ルイサが、1893年、サンテルモ宮殿の一部を市に寄贈したことによりつくられた広大な公園で、敷地面積は約400km2に及び、園内には88種類の灌木(かんぼく)や喬木(きょうぼく)が植えられ、多くの池が点在する。市民の憩いの場となっていて、散歩、サイクリング、読書などを思い思いに楽しんでいる。この公園内には、1929年のイベロアメリカ展覧会のために造成された一角がある。そのスペイン館が置かれたことが、スペイン広場と呼ばれる由来である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリアルイサ公園の関連キーワードカルモナセビリアインディアス古文書館アンダルシアアルコスデラフロンテラトレモリノスヒブラルファロ城ピレタ洞窟セビリャのセマナサンタセビリャ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone