コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア2世 マリアにせいMaria II da Glória

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリア2世
マリアにせい
Maria II da Glória

[生]1819.4.4. リオデジャネイロ
[没]1853.11.15. リスボン
ポルトガル女王 (在位 1834~53) 。ブラジル皇帝ペドロ1世の娘で,祖父ジョアン6世 (温厚王) の跡を継いで即位した (26) が,幼少のため父のペドロ1世が摂政となった。女王は叔父ドン・ミゲルと結婚することになっていたが,ミゲルは兄に反逆し王位を奪ったため (28) ,女王はイギリス,ブラジルに亡命せざるをえなかった。ペドロはブラジル王位を皇太子に譲ってポルトガルに戻り,自由主義勢力を結集してミゲルを制圧し,女王の位を回復した (34) 。その治世は自由主義者と絶対王政擁護者との間の内乱に明け暮れたが,一方で J.モウジニョ・ダ・シルベイラによるポルトガル近代化のための制度改革が実施された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

マリア2世

生年月日:1819年4月4日
ポルトガル女王(在位1826〜53)
1853年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

マリア2世の関連キーワードサ・ダ・バンデイラミゲル(1世)ポルトガル史ブラガンサ朝ロッシオ広場ペーナ宮殿ミゲリスタサルダニャ生年月日