マリウシュ クヴィエチェン(英語表記)Mariusz Kwiechen

現代外国人名録2016の解説

マリウシュ クヴィエチェン
Mariusz Kwiechen

職業・肩書
テノール歌手

国籍
ポーランド

出生地
クラクフ

経歴
クラクフの音楽院に学び、いろいろなコンクールに入賞を果たし、21歳の時ワルシャワに移り、オペラを学ぶ。「ドン・ジョヴァンニ」のタイトルロールを歌って国際的に認められる。以後、メトロポリタン歌劇場ウィーン国立歌劇場、パリ・オペラ座、バイエルン州立歌劇場など世界各地で活躍。他のレパートリーに「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵、「エウゲニ・オネーギン」タイトルロール、「愛の妙薬」ベルコールなど多数。2011年6月MET日本公演に「ラ・ボエーム」マルチェッロで出演。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android