コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリニャク Marignac, Jean-Charles-Galinard de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリニャク
Marignac, Jean-Charles-Galinard de

[生]1817.4.24. ジュネーブ
[没]1894.4.15. ジュネーブ
スイスの化学者。パリのエコール・ポリテクニク,高等鉱山学校で学んだのち,ギーセン大学で J.リービヒの指導を受けた。ジュネーブ大学の化学 (1841) および鉱物学 (45) 教授,チューリヒ大学教授 (78) 。希土類元素の研究からイッテルビウム (78) ,ガドリニウム (80) を発見したほか,二酸化ケイ素分子式を決定して鉱物学の発展に寄与。また原子量の精密測定を行なって,のちの同位体およびパッキングフラクションの概念を準備した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マリニャクの関連キーワードモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリンスタンダール

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android