コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱物学 こうぶつがく mineralogy

翻訳|mineralogy

6件 の用語解説(鉱物学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱物学
こうぶつがく
mineralogy

鉱物を研究対象とする科学。地学分野での重要な基礎科学で,鉱物の物理的・化学的・結晶学的性質や,成因,用途などを研究する。研究方向により,形態および内部構造を研究する結晶学,物理的性質を研究する鉱物物理学または結晶物理学,結晶の内部構造と化学的性質の関係を研究する結晶化学,鉱物に適用される化学の一般法則を研究する鉱物化学,鉱物の諸性質を記載分類する鉱物鑑定学または鉱物各論,利用法などを研究する応用鉱物学などに分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうぶつ‐がく〔クワウブツ‐〕【鉱物学】

鉱物の性質・形態・内部構造・成因などを研究する学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉱物学【こうぶつがく】

鉱物を研究する学問。結晶の外形・構造を研究する結晶形態学・X線結晶学,色・光沢・条痕(じょうこん)・屈折率・比重・へき開・断口・硬度等の物理的性質を調べる鉱物物理学,化学組成を調べる鉱物化学,鉱物の成因・変化の研究,分類と各鉱物種の研究,鉱物の応用など多くの部門があり,結晶学・物理学・化学・地質学・材料工学等と密接な関連をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうぶつがく【鉱物学 mineralogy】

鉱物の諸性質を科学的に明らかにすること,およびその成因を観察研究し,さらにその分類などを行う学問である。その歴史は古代ギリシア時代にさかのぼることもできるが,鉱物が自然科学的に研究されだしたのは16世紀のことである。G.アグリコラは,鉱物をその色,硬さ,重さなどから分類したほか,当時の採鉱冶金技術をまとめた《デ・レ・メタリカ》を著すなど,先駆的な業績をあげた。鉱物学の内容は,鉱物の規則正しい外形の研究に始まる結晶学,結晶形態学,次いでX線の発見に伴って発展した結晶構造学,鉱物の光学性を解明し,光学性を鉱物種の決定に利用する鉱物光学を中心とした鉱物物理学,さらに鉱物の化学分析とその化学性を明らかにする鉱物化学などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうぶつがく【鉱物学】

鉱物の産出状態・形態・性質・成因などを研究する学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱物学
こうぶつがく
mineralogy

鉱物を研究対象とする自然科学の一部門。今日では、鉱物のみならず、これに関連する物質を取り扱うところまで範囲が広がっている。したがって、宇宙および地球科学の一部門であるかたわら、物理学、化学、結晶学などの物質科学的な要素を含み、とくに結晶学とはもっとも密接な関係にある。そのために、鉱物学の細分にあたっては、それと並行して結晶学の細分も紹介されることが多い。すなわち、結晶学の細分として、結晶幾何学、結晶化学、結晶物理学、鉱物学の細分として、鉱物化学、鉱物成因論、鉱物分類学、応用鉱物学、鉱物記載といったものがあげられ、これらが広義の鉱物学の内訳である。もちろん研究者によってこれらの内容は多少異なる。
 結晶幾何学とは、結晶における規則性、対称などを取り扱い、結晶化学とは、結晶を構成する原子の特性、結合様式、配列上の規則性のほか、相平衡、結晶生長、結晶の生成、融解や溶解現象に関する事項を取り扱う。結晶物理学とは、結晶の物理的特性、諸性質、結晶光学などが対象となる。鉱物化学とは、鉱物を地質現象の化学的産物である化学物質とみなして取り扱うものであり、鉱物成因論は、その名のとおり、鉱物の生成に重点を置いて、その条件や生成機構を究明するものである。鉱物分類学は、鉱物を共通する性質に従って区分し、さらにその一小部門である鉱物系統分類学は、この区分を繰り返して最後の単位を鉱物種となるよう、鉱物全体を系統的に配列するものであり、その過程や方法に関する事項をも対象とする。応用鉱物学は、鉱物の有効利用に関する事項が対象となり、鉱床学がその一部に含められることもある。宝石学とも密接な関係がある。鉱物記載には、鉱物学そのものとは切り離す取り扱い方と、鉱物学に含めるものとがある。
 鉱物学を学問的に確立した最初の学者は、フランスのアウイR. J. Hay(1743―1822)であるとされている。同時代のドイツのウェルナーA. G. Werner(1749―1817)は、鉱物学を地質学から独立させた。19世紀に入ると、ドイツのワイスC. S. Weiss(1780―1856)やイギリスのミラーW. H. Miller(1801―1880)は、結晶面指数の概念を確立した。一方、アメリカのデーナJ. D. Dana(1813―1895)は、初めて全鉱物の記載および分類を取り扱った著書を著した。こうした人々の業績が基礎となって、鉱物学が発達し、分化したということができる。[加藤 昭]
『森本信男著『造岩鉱物学』(1989・東京大学出版会) ▽松井義人・坂野昇平編『岩石・鉱物の地球化学』(1992・岩波書店) ▽地学団体研究会編『新版地学教育講座3 鉱物の科学』(1995・東海大学出版会) ▽秋月瑞彦著『鉱物学概論――形態と組織』(1998・裳華房) ▽堀秀道著『楽しい鉱物学――基礎知識から鑑定まで』新装版(1999・草思社) ▽森本信男・砂川一郎著『鉱物学』(2013・岩波書店) ▽藤野清志著『結晶学・鉱物学』(2015・共立出版) ▽砂川一郎著『新しい鉱物学――結晶学から地球学へ』(講談社ブルーバックス)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱物学の関連キーワード科学的社会主義化学分析材料試験文理解釈解析鑑識考究黒白を明らかにする明徴健康科学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉱物学の関連情報