コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクス主義の旗の下に マルクスしゅぎのはたのもとに

1件 の用語解説(マルクス主義の旗の下にの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルクスしゅぎのはたのもとに【マルクス主義の旗の下に】

戦前の日本の共産主義理論雑誌(月刊誌)。1930年6月,白楊社から刊行された。同名のドイツの雑誌からの翻訳が中心である。次いで同年9月,プロレタリア科学研究所(プロ科)の編集で鉄塔書院により〈ロシア版〉が創刊された。翌年10月より,編集がプロ科,発行が白楊社として一本化され,33年に廃刊されるまでドイツやソ連の国際情勢分析や哲学論争の紹介に貢献した。また同名の雑誌がイスクラ閣からも出ていた。なお,雑誌《マルキシズムの旗の下に》(1926年5~12月)は福本和夫が発行した個人雑誌である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルクス主義の旗の下にの関連キーワードコムソモール集産主義戦時共産主義転向文学ドミノ理論日本及日本人アバンゲール主義者ポリセントリズム共産化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone