コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福本和夫 ふくもとかずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福本和夫
ふくもとかずお

[生]1894.7.4. 鳥取
[没]1983.11.16. 神奈川
社会思想家,マルクス主義理論家。理論闘争主義による思想の純化と革命的純粋分子による革命党組織の樹立を提唱し,「福本イズム」と呼ばれた。 1925年,再建日本共産党の理論的指導者となり,党内知識層の圧倒的支持を受けたが,二十七年テーゼによって「分裂主義」と批判され,勢力を失った。その後逮捕され 14年間入獄。獄中で転向声明を発表。第2次世界大戦後復党したが,反スターリン主義を主張して離党した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくもと‐かずお〔‐かずを〕【福本和夫】

[1894~1983]共産主義指導者。鳥取の生まれ。大正13年(1924)山川均の理論を批判し、明確な階級意識を持つ者の集団による前衛党の確立を主張した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

福本和夫【ふくもとかずお】

大正〜昭和初期の共産主義運動の理論的指導者。鳥取県生れ,東大卒。1921年―1924年文部省在外研究員として渡欧,帰国後は本名あるいは北条一雄の名で左翼論壇に相次いで論文を発表した。
→関連項目前田寛治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福本和夫 ふくもと-かずお

1894-1983 昭和時代の思想家。
明治27年7月4日生まれ。ドイツマルクス主義を研究。大正15年山川均(ひとし)を批判し,福本イズムを提唱,共産主義運動の理論的指導者となる。昭和2年「二七年テーゼ」で失脚。翌年三・一五事件で入獄し,17年出獄後は執筆活動に専念。昭和58年11月16日死去。89歳。鳥取県出身。東京帝大卒。筆名は北条一雄。著作に「日本ルネッサンス史論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふくもとかずお【福本和夫】

1894‐1983(明治27‐昭和58)
昭和期の共産主義運動の理論的指導者。鳥取県生れ。東大卒業後,松江高校教授となり,1921‐24年文部省在外研究員として渡欧,マルクス主義を研究した。帰国後,北条一雄の名で左翼論壇に登場し,山川均を〈折衷主義〉と攻撃,〈結合の前に分離〉を説く理論闘争を主張した(福本イズム)。26年共産党常任委員,政治部長に選ばれたが,27年テーゼで批判された。28年中間検挙で14年間在獄。戦後は50年に復党するが,58年除名処分を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくもとかずお【福本和夫】

1894~1983) 昭和期の共産主義運動の理論的指導者。鳥取県生まれ。東大卒。1924年(大正13)、組合主義や山川均の理論(山川イズム)から理論闘争によって「分離」することにより、はじめて前衛党が建設できるとする「分離-結合」理論(福本イズム)を説いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福本和夫
ふくもとかずお
(1894―1983)

マルクス主義理論家。島根県生まれ。第一高等学校を経て東京帝国大学法学部政治学科に入学。1920年(大正9)卒業。22年文部省在外研究員としてドイツ、フランスに留学、マルクス主義研究に専念した。24年に帰国、雑誌『マルクス主義』にその成果を次々と発表して注目を集め、26年には山川均(ひとし)の唱える共産主義運動の指導理論を批判した。福本は、労働者の自然発生的な階級意識の成長を重視する山川イズムを組合主義・折衷主義と批判し、革命的分子の階級意識を外部から注入しなければならないとした。とくに「結合の前の分離」という組織論にたって理論闘争の必要を訴えた福本イズムは、解党状況の下で前衛党の建設と明確な理論を求めた知識人や学生を魅了し、一世を風靡(ふうび)した。しかし、この理論は組合運動を軽視しただけでなく、組合運動の分裂を激化させ、二七年テーゼで批判されて失墜した。福本は28年(昭和3)三・一五事件で検挙され42年まで14年間入獄した。獄中で「日本ルネッサンス史論」を着想し、出獄後は江戸文化など文化史の研究と農業問題の研究に専念した。また晩年はフクロウの研究で知られた。[北河賢三]
『福本和夫著『革命運動裸像』(1962・三一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の福本和夫の言及

【福本イズム】より

…山川イズムに代わって日本共産党を支配した理論。ドイツ帰りの福本和夫(筆名北条一雄)は,1924年末以来雑誌《マルクス主義》を中心に活躍し,26年2,5月号に発表した《山川氏の方向転換論の転換より始めざるべからず》は,左翼陣営に大きな影響を与えた。福本は山川イズムを経済運動と政治運動との相違を明確にしない〈折衷主義〉であり,〈組合主義〉であると批判し,運動を政治闘争に発展させるためには,理論闘争によって,労働者の外部からマルクス主義意識を注入することの必要を説いた。…

【マルクス】より

…しかし,マルクスの思想が本格的に紹介されるようになったのはロシア革命(1917)以後であり,22年には〈日本共産党〉(委員長堺利彦)が結成され,コミンテルン第4回大会において承認された。 昭和に入ると,福本和夫,三木清,河上肇などによるマルクス論が左翼的インテリのあいだで強い影響を及ぼすようになり,28年(昭和3)には世界で最初の改造社版《マルクス・エンゲルス全集》の刊行が開始された(全27巻30冊,補巻1,別巻1。完結1935)。…

【マルクス主義】より

…やがて普選運動が高まり,また学生の間にマルクス主義が広がるなかで,関東大震災の混乱や政府の弾圧の強化などの情勢に対応して,山川らは日本共産党を解党して合法的単一無産政党を結成しようとした。これに対して,第1次大戦後のワイマール・ドイツでK.コルシュらにマルクス主義を学んで帰国した福本和夫は,雑誌《マルクス主義》(1924創刊)に《経済学批判におけるマルクス《資本論》の範囲を論ず》などの一連の論文を発表し,マルクスの唯物弁証法的方法により資本主義社会の現実の運動法則を明らかにするとともに,〈分離・結合〉論を展開して山川の〈方向転換〉を批判し,先鋭な前衛党による理論闘争と政治闘争の必要を説いた。それは,これまでのマルクス主義理解を飛躍的に高めるものとして影響を広げる一方,〈山川イズム〉と〈福本イズム〉の対立として労農運動の組織をはじめプロレタリア文芸連盟などの諸組織の分裂を結果した。…

※「福本和夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福本和夫の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門金井美恵子日清戦争青山杉雨航空宇宙工業スペースシャトル飛行記録国際オリンピック委員会日本郵便制度史(年表)