コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルズバーン marzbān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルズバーン
marzbān

古代イランの官職名。パルティア帝国では,国外からの軍事的脅威に対抗して国境警備の任にあたる「辺境伯」をいった。ササン朝前半期にも国境地方の警備総督をいったが,もっぱら王族出身者が任じられ,辺境のサトラップ長官の動静監督をも兼ねた。ホスロー1世 (在位 531~579) 以後はサトラップ制に代って設置された諸州の総督の呼称となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マルズバーンの関連キーワードマルズバーン・イブン・ルスタムホスロー

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android