コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルダーン Mardān

世界大百科事典 第2版の解説

マルダーン【Mardān】

パキスタン北部,北西辺境州中部の都市。人口16万7000(1981)。カーブル川流域のユースフザイ平野にあり,同平野からスワート,チトラールなどの北方山岳地帯に至る交通路の要地を占める。周辺は上スワート用水路に灌漑される肥沃な農業地帯で,サトウキビ,タバコ,米,小麦などの産が多い。それらを集散するとともに,精糖,タバコなどの諸工業が立地する。シク戦争後の1854年にイギリスにより要塞が築かれ,英領時代には北西辺境州における軍事拠点の一つとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報