コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチミラー望遠鏡 マルチミラーぼうえんきょうmultiple mirror telescope

世界大百科事典 第2版の解説

マルチミラーぼうえんきょう【マルチミラー望遠鏡 multiple mirror telescope】

MMTともいう。天体望遠鏡微光の天体からの光を集める装置であり,集光力は口径の2乗に比例する。大口径望遠鏡は製作上種々の困難があるので,主鏡面を複数個に分割し各鏡からの像を光学的に重ね合わせて集光力を増大させる。これをマルチミラー望遠鏡といい過去にもいくつかの試みが行われた。現在MMTと呼ばれるものはアメリカのスミソニアン天文台とアリゾナ大学協同でホプキンス山に建設されたもので,6本の1.8m反射望遠鏡を六角形状に配置し中央で6個の像の合成を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマルチミラー望遠鏡の言及

【天体望遠鏡】より

…すなわち各望遠鏡の集光面積の和が実際の集光面積になり,1枚の超大口径主鏡と等価だというわけである。この型式はマルチミラー望遠鏡(multiple mirror telescope。略してMMT)と呼ばれ,アメリカのホプキンス山に4.5mMMTが建設された。…

【天体望遠鏡】より

…すなわち各望遠鏡の集光面積の和が実際の集光面積になり,1枚の超大口径主鏡と等価だというわけである。この型式はマルチミラー望遠鏡(multiple mirror telescope。略してMMT)と呼ばれ,アメリカのホプキンス山に4.5mMMTが建設された。…

※「マルチミラー望遠鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルチミラー望遠鏡の関連キーワードラスカル番ことみ純☆レジェンドシャベルカー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android