協同(読み)キョウドウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐どう〔ケフ‐〕【協同】

[名](スル)複数の人または団体が、力を合わせて物事を行うこと。共同。「住民が協同して地域の振興に努める」「産学協同

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうどう【協同】

( 名 ) スル
複数の個人や団体が心や力をあわせて同じ目的、共通の利益を守るために事にあたること。共同。 「和衷-」 「産学-」 〔同音語の「共同」はたがいに同じ立場・資格に立って力を合わせることであるが、それに対して「協同」は同じ目的や利益のために物事を行うことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐どう ケフ‥【協同】

〘名〙 二人以上の人や団体などが一つの仕事のために心や力を合わせること。共同。〔新令字解(1868)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「巴力門(パーリメント)公議協同(〈注〉ドウイ)して、この法を廃せしは」 〔後漢書‐孫程伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の協同の言及

【生物群集】より

…この点で生物間の関係は,少なくとも時間をかなり長くとってみれば,結果として相互扶助的なものであるといってよい。すなわち群集は,全体として見れば,協同的ないし共生的なものなのである。
[食うものと食われるもの]
 生物と生物との間に見られるもっとも基本的で具体的な関係として,まず食うものと食われるものの関係を取り上げよう。…

※「協同」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

協同の関連情報