コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチリード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチリード

CD-ROMやCD-Rだけでなく、CD-RW(CD-ReWritable)メディアも読み出せるようにしたCD-ROMJドライブの機能。CD-RWは、論理フォーマットとしてCD-ROMと互換性のあるISO-9660を採用しながら、相変化記録方式を採用して、メディアに何度もデータを読み書きできるようにしたリムーバブルストレージである。論理的にはCD-ROMやCD-Rと互換性がありながら、CD-RWはメディアのレーザー光反射率が15~25%で、CD-ROMやCD-Rの65~70%に比べて大幅に低いため、従来のCD-ROMドライブでは読み出しができない。マルチリード対応のCD-ROMドライブでは、CD-RWメディアが挿入された場合には、データ読み出し用ピックアップのレーザー出力を上げるなどして、CD-ROMメディアとCD-Rメディアの双方の読み出しを可能にしている。レーザー出力の調整をして複数種類のメディアに対応する機構はAGC(Automatic Gain Control)と呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

マルチリードの関連キーワードボイド・アルバート レイバーンジョージ ブレイス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルチリードの関連情報