ブートROM

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブートROM

ハードディスクやフロッピードライブ、ネットワークといった媒体からOSをロードしてブート(起動)するためのプログラム(ブートコード)が格納されているROMのこと。特に、ブート可能な拡張カードに搭載されている拡張BIOSのROMを指すことが多い。PC互換機では、フロッピードライブとIDEハードディスクからのブートについては、システムBIOSがサポートしているためブートROMを必要としない(最近は、ATAPI CD-ROMドライブからのブートも標準でサポートされていることもある)。しかし、SCSIハードディスクあるいはネットワーク上のサーバーなど、標準的ではない媒体からOSをブートする場合、システムBIOSはその術を知らないため、それぞれの媒体に専用のブートROMが必要となる。たとえば、SCSIホストアダプターの場合、ブートROMが搭載されていないと、たとえハードディスクを接続しても、そこから直接ブートはできない。ネットワークカードの場合、カード上にブートROM用のソケットが用意されていれば、そこにメーカー供給のROMを装着し、サーバーを適切に設定すれば、ネットワークからのブートが可能になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android