コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CD-RW しーでぃーあーるだぶりゅー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CD-RW

米Hewlett-Packard社と三菱化学リコー、ソニー、オランダのPhilips社が開発した書き込み可能なCDの規格。Orange Bookと呼ばれる規格書で定義されている。CD-Rは消去したデータが利用していた領域を再利用することはできないが、CD-RWは再利用も可能である。なお、CD-RWは古いCD-ROMドライブで読み出せないこともある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

CD-RW

RWはリライタブルの略で、書き換え可能なCDのことです。CD-Rは書き込んだ所を消したり、その部分に上書きをしたりできませんが、CD-RWはディスク内のデータを抹消することで書き換えができます。なお、CD-RのディスクはCD-RWのディスクとしては使えませんし、その逆もだめです。また、データの書き込みや書き換えにはCD-RW対応のドライブが必要です。
⇨CD-R

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

CD-RW

Compact Disk ReWritable。基本的にはCD-Rと同じだが、データを消去することが可能で、書き込みと消去を繰り返すことができる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

シーディーアールダブリュー【CD-RW】

コンピューターのデータ記録に用いられるCDの規格のひとつ。データの書き込みや消去、書き換えが可能。記憶容量は直径12cmの場合、640MBから700MB。◇「compact disc rewritable」から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

CD-RW

〖CD rewritable〗
データを繰り返し記録・消去することのできる CD。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のCD-RWの言及

【記憶装置】より

…1998年現在のマイクロプロセッサーにおいては,主記憶装置とレジスターとのアクセス時間の大きなへだたりを埋めるために2~3階層のキャッシュが設けられ,1次キャッシュ,2次キャッシュなどとよばれる(図2参照)。CD-ROM(シーディーロム),CD-R[CD-RW,PD]コンパクトディスクとほぼ同じ光記憶媒体であり,レーザー光を使ってデータを読み出す。記憶容量は650メガバイトである。…

※「CD-RW」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

CD-RWの関連キーワードHighSpeed CDデジタルオーディオディスクcompact diskマルチリード型ドライブリムーバブルストレージセッションアットワンスMt.Rainierライティングソフト相変化型記録技術スーパードライブMac miniCDDiscT@2パケットライトDVDドライブCD相変化記録方式マルチリードDVDイメーション

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android