コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルヌ[川] マルヌ

百科事典マイペディアの解説

マルヌ[川]【マルヌ】

フランス北東部,セーヌ川の支流。ラングル台地に発し,北西・西流してパリ付近でセーヌ川に合流。ライン川ソーヌ川と運河で連絡する。全長525km(可航350km)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルヌ[川]【Marne】

フランス北東部を流れるセーヌ川最大の支流。全長525km。パリ盆地南東部のラングル台地に発し,西に大きく弧を描きながらパリ盆地を貫流して,パリ東端のシャラントンでセーヌ川に合流する。主として石灰岩地域を流れるため水量は比較的少なく,舟運は中流部のエペルネーまでに限られる。それより上流側は,川に沿ってつくられた運河による水運があり,最上流部ではソーヌ川と結ばれている。中流部のシャンパーニュ地方は白亜(チョーク)石灰岩が広く露出して乾燥した荒地をつくり,シャンパン用のブドウ栽培が行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報