コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンゲーシュカル

百科事典マイペディアの解説

マンゲーシュカル

インド映画の主題歌挿入歌の吹き替え専門の歌手(プレーバック・シンガー)。世界でもっとも吹き替え回数(2万5000曲以上)の多い歌手とされる。インドでは1910年代からボンベイムンバイ)を中心に映画製作が盛んになり,歌や踊りが織り込まれた娯楽映画は,庶民の代表的な娯楽として定着,年間製作本数は900本を超えるようになった。映画の主題歌や挿入歌は,カセットに吹き込まれて市場でも人気を博している。妹のアーシャー・ボースレー(夫は人気作曲家バルマン)も大物歌手で,同じく妹のウシャーはラターのLPジャケットのデザインを手がけ,弟のフリダヤナートは作曲家というように,一族で映画音楽産業界に確固とした地位を築いている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android