コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンサブダール manṣabdār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンサブダール
manṣabdār

インド,ムガル帝国などのムスリム王朝臣下に与えられた称号。帝国官職保持者。ペルシア語で「役職 (マンサブ) の所有者 (ダール) 」の意。その称号を与えられた者はそれに付随する数だけの騎兵を準備する義務があったとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマンサブダールの言及

【マンサブダーリー制】より

…第3代皇帝アクバル時代(1556‐1605)の中期,1570年代半ばから90年代にかけて成立したといわれる。マンサブmanṣabはアラビア語で〈位階〉を意味し,ダールdārは〈持つ〉の意のペルシア語dāshtanの語根で,〈マンサブダールmanṣabdār〉は位階を持つ者の意。当初の制度では,軍人,一般官僚を問わず,帝国に仕える者はすべて,皇帝からマンサブ(最低10位から臣下としての最高5000位まで)を与えられ,なんらかの功績のあるごとに昇進していくしくみとなっていた。…

※「マンサブダール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンサブダールの関連キーワードマンサブダーリー制マーン・シングジャーギール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android