コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンサブダール マンサブダール manṣabdār

1件 の用語解説(マンサブダールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンサブダール
マンサブダール
manṣabdār

インド,ムガル帝国などのムスリム王朝で臣下に与えられた称号。帝国官職保持者。ペルシア語で「役職 (マンサブ) の所有者 (ダール) 」の意。その称号を与えられた者はそれに付随する数だけの騎兵を準備する義務があったとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマンサブダールの言及

【マンサブダーリー制】より

…第3代皇帝アクバル時代(1556‐1605)の中期,1570年代半ばから90年代にかけて成立したといわれる。マンサブmanṣabはアラビア語で〈位階〉を意味し,ダールdārは〈持つ〉の意のペルシア語dāshtanの語根で,〈マンサブダールmanṣabdār〉は位階を持つ者の意。当初の制度では,軍人,一般官僚を問わず,帝国に仕える者はすべて,皇帝からマンサブ(最低10位から臣下としての最高5000位まで)を与えられ,なんらかの功績のあるごとに昇進していくしくみとなっていた。…

※「マンサブダール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンサブダールの関連キーワードアリーガル運動奴隷王朝ムガル絵画ムガル帝国ムスリム連盟デリースルターン朝Pronoti ポイントフィルムスリム日本の信徒フィリシュタムスリム王朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンサブダールの関連情報