コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンチェスター運河 マンチェスターうんがManchester Ship Canal

世界大百科事典 第2版の解説

マンチェスターうんが【マンチェスター運河 Manchester Ship Canal】

イギリス,イングランド北西部,グレーター・マンチェスター州のマンチェスターとマージー川エスチュアリー(三角江)を結ぶ運河。長さ57km,最小幅37m,深さ8.5m以上で,1.2万トン級の船舶が遡航可能なイギリス最大の外洋船航行運河。エスチュアリー南岸のイースタムに始まり,入江に沿ってランコーンに至り,そこから東へ直線状に延びてラッチフォードの閘門(こうもん)で潮汐の流入を防ぐ。その後はマージー川,アーウェル川の水を取り入れてマンチェスターに至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマンチェスター運河の言及

【運河】より

…かかる多数のはしけ用運河のほか,19世紀後半には重要な航洋船用運河が相次いで開かれた。オランダの新水路(1872),北海運河(1876),マンチェスター運河(1894)はそれぞれ外洋からロッテルダム,アムステルダム,マンチェスターまで海上航路を引き入れたものであり,キール運河(1894)は北海とバルト海を結ぶ海上航路を大幅に短縮した。第2次大戦後にはローヌ川が根本的に改変され,運河化された水路と多数の新運河によって大型はしけの航行がはじまった。…

※「マンチェスター運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンチェスター運河の関連キーワードランカシャー州サルフォード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android