コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンドラ マンドラMandla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンドラ
Mandla

インド中部,マディヤプラデーシュ州中南部の町。ジャバルプル南東約 75km,サトプラ山脈中のナルマダ川河谷に位置。ゴンド族居住地域の一中心地で,かつてはガル=マンドラ・ゴンド藩王国の首都。鐘青銅 (ベルメタル) の器の生産は有名で,製材,麻製品の製造も行われる。人口3万 8390 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マンドラの関連キーワード犬を飼うということ/スカイと我が家の180日歌声天高く~父と過ごした日々~つぐみへ… 小さな命を忘れないエンゼルバンク/転職代理人大阪で生まれた女やさかいこの空の花 長岡花火物語1 to 1 マッチャン今日もまたかくてありなんIS/男でも女でもない性天使のように生きてみたいパパ!かっこつかないゼみんな昔は子供だったそれでも、生きてゆく人生最後のロマンス女事件記者立花圭子美しい嘘つけますかちりめんじゃこの詩コマンドライン引数外科医ポン・ダルヒくろしおの恋人たち

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンドラの関連情報